生活習慣病のリスクと予防法

メタボリックシンドロームは男性に多い?

生活習慣病の中でも特に注目されているのがメタボリックシンドロームではないでしょうか。肥満や高血圧、高血糖などのリスクを伴っているメタボリックシンドロームの人はとても多いといわれています。メタボリックシンドロームにかかっている生活習慣病の人は、現在、男性の2人に1人の割合、女性の場合には5人に1人の割合でいるといわれていますから、人事ではないような状況です。生活習慣病のメタボリックシンドロームであるかどうかということは診断基準があります。まず中性脂肪知が150mg/dl以上の人、そしてHDLコレステロールが40mg/dl未満の人、最大血圧が130で最小血圧が85以上の人などもメタボリックシンドロームの診断基準の結果、診断されることになります。
生活習慣病を予防するためにはメタボリックシンドロームを予防して改善させることが必要ですが、そのためには常に食事のときには腹八分目を心がけることや、野菜、食物繊維を食べる、塩分控えめの薄味の食事をする、適度な運動をする、喫煙、アルコールの抑制、そしてストレスをためないことも、生活習慣病のメタボリックシンドロームを予防することにつながりますので、覚えておきましょう。
最近はコレステロールや中性脂肪を下げる油なども販売されていますし、飲み物やサプリメントなども販売されていますから、上手に利用しながら、メタボリックシンドロームを予防して生活習慣病を未然に防ぎましょう。

子供でも生活習慣病になります

今、子供の生活習慣病が増えているといわれているのですが、ご存知でしたでしょうか?生活習慣病と言えば、生活習慣の不摂生や、今まで蓄積された様々なことが原因で起こるといわれていますが、大人と一緒で、子供でも糖尿病になったり、脂肪肝や肥満などの生活習慣病にかかってしまう子供は多いのです。生活習慣病は、大人で見てもわかると思いますが、一度かかると、完治させるのはかなり難しいといわれていますから、治療を始めても長期的に時間が必要です。
本来ならば、生活習慣病と言えば、中高年代を中心にかかる病気だと思われてきましたが、最近は小学生でも、生活習慣病にかかるといわれているのです。医療機関で調べたところ、現在の日本の肥満児の1割に当たる人が、小児生活習慣病であるということが分かっています。なぜ子供たちが生活習慣病にかかっているのか、その理由としては、カロリーの摂取しすぎ、朝食を食べないために、栄養バランスが悪い、運動をしない、日々ストレスを感じながら生活をしているなどが挙げられます。
生活習慣病に子供がかかっていないかは、親が確認してあげることが大切です。子供のころから生活習慣病にかかれば、20代や30代で急死するケースも出てきますので、本当に注意しなければいけません。ジュースばかり飲んでいる、カップラーメンやハンバーガ—などのジャンクフードをよく食べる、朝食を抜く、揚げ物が好きであるといった場合には注意してあげましょう。

生活習慣病はサイトでチェックできます

生活習慣病は普段の生活習慣によって引き起こされる病気のことですが、ある日突然症状が起きることが大半ではありますが、症状が出たのは突然だったとしても、何年も蓄積された結果に発症するのが生活習慣病です。生活習慣を見直すことで、生活習慣病にならないように事前に予防することは十分にできます。
生活習慣病に自分がかかっているのかということは、なかなかわかりにくいことです。自覚症状がないことが特徴ですから、自分が生活習慣病にかかっているということを意外と自覚している人は少ないでしょう。そのために、まずは生活習慣病チェックを自分で受けたうえで当てはまることがないか調べてみることが大切です。
チェックの方法は色々とあります。健康診断を受ければ、一番早いのですが、健康診断をなかなか受けられない人でも、生活習慣病チェックを受けることは可能です。インターネット上で生活習慣病をチェックできるサイトはあります。YES NO形式で答えていき、その結果、生活習慣病であるかどうかがわかりますので手軽です。
生活習慣病は発症しなければなかなかわかりにくい病気ですから、発症する前に知ることで、症状が出るのを防ぐことができます。生活習慣病を予防するためにも、チェックを受けることは必要です。食事の時間や生活習慣などをチェックしていき、生活習慣病であるかどうかがわかるチェックがとても手軽です。予備軍という結果になった人は今からでも遅くはありませんので、改善させるようにしましょう。

がんは生活習慣病が原因の場合が多いです

生活習慣病と聞くと最近はメタボリックシンドロームなどが一般的に知られていますが、がんも生活習慣病の一つであることを知っていたでしょうか?がんになる原因というのは、喫煙や、食生活、運動不足にアルコールなどが多いといわれています。がんの原因のほとんどが生活習慣が原因で発症しているということになります。生活習慣病であるがんを予防するためにはどうすればいいのでしょうか。その方法としては、まず一つ目としてバランスのいい食事を心がけましょう。そして毎日同じものばかりを食べて偏食するのではなくて、変化のある食生活をつけることも大切です。常に腹8分目にしておき、高カロリーで脂肪が高めの食事を控えましょう。
アルコールや喫煙はほどほどにして、できれば喫煙はやめましょう。食生活の中からビタミン、食物繊維を豊富に摂取することが大切です。味付けは、塩分を少なくして薄味にすることも大切です。そして最近は運動不足になる人も多いですが、適度に運動をして、運動不足を解消するということ、それも生活習慣病のがんの予防になるのではないでしょうか。生活習慣病のがんを予防するためにも、生活習慣を見直し、規則正しい生活を送り、そして食生活を改善させれば、がんになる確率を減らすことができます。意外とがんは生活習慣病ではないという認識をしている人が多いですが、がんも、列記とした生活習慣病ですので、十分に注意して、予防できることなら未然に防ぎましょう。

生活習慣病はストレスも原因の一つです

生活習慣病にストレスはかなり影響を与えているといってもいいと思います。生活習慣病を引き起こす要因としてストレスがあるわけですが、どのようにして、ストレスは生活習慣病を引き起こしてしまうのでしょうか。例えば、生活習慣病の一つである、狭心症という病気がありますが、こちらもストレスが原因であるともいわれています。ストレスを常に感じている人は、ストレスを感じていない人に比べると、狭心症にかかる割合が5倍も増えているともいわれているのです。やはり時間に追われる、常にストレス、緊張を感じていることがその原因です。
そしてストレスがたまってしまうと、過食してしまう人もいるといわれています。馬鹿食いをして、その結果、糖尿病になる可能性も出てきますし、またそれだけでなくメタボリックシンドロームにもなってしまう可能性もあるのです。ストレスを感じていてそれを発散させるために馬鹿食いをしてしまうというのは、生活習慣病のこの二つを引き起こす原因になりますので、ストレスの発散方法を別に見つける必要があります。
そして高血圧も生活習慣病の一つですが、高血圧はストレスが原因であるともいわれています。ストレスが負担になり、それが血圧を上昇することにつながるのです。このようにストレスというのは、様々な生活習慣病を引き起こすことになりますので、できるだけ早めに対処して、ためないことや、発散をすることを日々心がけておいた方がいいでしょう。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www.piercecountyparent2parent.com/" target="_blank">http://www.piercecountyparent2parent.com/</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。